エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

民主・維新の解党・新党結成ができない2つの問題

   

細野民主党政調会長前原元外相江田維新前代表の会談で一致した「年内解党、新党立ち上げ

はたして、すんなり進むでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

解党・新党の目的は?

15111201-02

 

細野さんや江田さんは、野党の勢力を結集しなければ自民党に対抗できないからだとしています。

その真意は、先の集団自衛権問題の独裁的な法案成立問題がその背景にあるのでしょう。

そのため、来年の総選挙を見据えて年内解党という切迫感が如実に表れていると言えますね。

 

民主党執行部にプレッシャー

15111201-01
江田さんは、すぐに岡田代表と会い、その際に、新党立ち上げを具申したと言います。

また、三人の会談に出席した民主党側の関係者の一人が早急に岡田代表に会い、民主党の解党の判断を迫るようです。
15111201-03

この動きは、周辺から活動することで執行部にプレッシャーを与える狙いがあると考えられます。

15111201-04

 

はたして、岡田民主党代表の判断は?

 

15111201-05

一方の民主党代表の岡田さんですが、

「維新が泥仕合をしている中で、
解党してどうなる?」

「解党する考えはない。
前原氏らに同調する議員は多くないだろう」

15111201-06
このように、解党には『慎重』というよりも、反対という気持ちが大部分を占めているようです。

というのも、維新内部のごたごたが解決しないうちに新たな行動をすることの不利、それと、いまだにくすぶる「前原不信・不人気」が根強く、前原さんの行動に同調する党員が多くないことも、すぐに同調しない理由になっているようです。

 

年末まで50日、実現するか新党結成!

年内の解党、新党立ち上げを目指すとはいえ、今年はあと50日。
そんな短期間で新党立ち上げまでこぎつけることができるでしょうか?

細野さん、前原さん、江田さんの党内政治力と岡田さんの統率力について、しばらく目を離せなくなりましたね。

 - ニュース , , ,