エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

デザイナー集団『YOY』の小野直紀さんと山本侑樹さんの作品集

   

11月27日放送の「沸騰ワード10」で取り上げられていた、デザイナー集団『YOY』の作品、どれもすごいものばかりでしたね。

もっと、ほかにも面白いものがあるんじゃないかと、プロフィールと一緒に調べてみました!

 

スポンサードリンク
 

YOYのプロフィール

YOYとは、空間デザイナーの小野直紀さんと、
プロダクトデザイナーの山本侑樹さんのお2人で
運営するデザインスタジオです。

 

yoy_portrait[1]

小野直紀さんプロフィール

小野直紀さん:左

1981年生まれ

2008年 京都工芸繊維大学 建築設計専攻 卒業

 

山本侑樹さんプロフィール

山本侑樹さん:右

1985年生まれ
2008年 金沢美術工芸大学 製品デザイン科 卒業

 

YOYの作品集

壁に描かれた絵に座れる?

キャンバスに描かれたイス。
でも、このイス、ホントに座れるんですから驚き!
キャンバス地と絵がプリントされた伸縮性が高い布で
木とアルミのフレームを包み隠しているんですね。

スツール、アームチェア、ソファの3種類あります。

yoy_canvas_06[1]
Innermost_Canvas_armchair_studio_03[1]
Innermost_Canvas_Sofa[1]

 

電灯をONにすると傘が映し出される

覆いがない実物の電灯。
でも、スイッチをオンにすると、昔ながらの電灯の形が壁に映し出されます。

どんなふうになっているんでしょうね!

yoy_light_02[1]

 

落ちる!と叫んじゃうトレイ!

落ちそうなトレイ。
クリップを仕掛けてあって落ちないようにしています。
クリップが回転できるようにクリップに細工をしているので
手でトレイを回せが、テーブルの上に置くことができます。

yoy_protrude_02[1]

yoy_protrude_03[1]

 

「落ちちゃう」と思わず叫びたくなる!

これも、上のトレイと同じ発想ですね。
でも、こんな量の本が左にずれていったら、重さで耐えきれないんじゃないの?おもわず、そう思っちゃいますよね。

yoy_extend_02[1]
yoy_extend_03[1]
yoy_extend_04[1]
yoy_extend_05[1]

 

影が光る花瓶型の照明

床と壁面に影の形が投影されるように、背面に影の形のくり抜いた照明。
中にLEDを組み込んでいます。

yoy_shadow_03[1]
yoy_shadow_04[1]

 

「落書き」のテーブルマット

落書きをモチーフにしたテーブルマットです。
レーザーカッターでエラストマーをカットして成形しています。コースター、鍋敷き、ランチョンマットの各2パターン計6種類があります。

yoy_scribble_01[1]
yoy_scribble_02[1]
yoy_scribble_04[1]
yoy_scribble_06[1]
yoy_scribble_05[1]

曲げることで座ることができるラグの椅子

これも、すごく不思議ですよね。
曲げるときは、ふつうの布状なのに、丸まってその上に座ることができるなんて、マジックショーを見ている感じです。

chear01
chear02
chear04
chear05
chear06

 

本の植木鉢

これも、すごく不思議ですよね。
曲げるときは、ふつうの布状なのに、丸まってその上に座ることができるなんて、マジックショーを見ている感じです。
本の植木鉢

発想が斬新ですよね。
本を本格的な植木鉢にしているところがスゴイ!

yoy_book_02[1]
yoy_book_03[1]
yoy_book_04[1]

 

 

 

 

 - バラエティ , , ,