エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

「チアシード」いつ食べる?どれくらい食べる?「バイキング」で正しい食べ方

      2016/04/19

4/19『林修の今でしょ!講座』で放送の『チアシード』は
2015年の11月27日放送バイキングでもダイエットに効果的だということでチアシード特集していましたね。

ダイエットと健康に優れていて、ミランダ・カーさんやローラさん、道端アンジェリカさんも愛用している大人気のスーパーフードですが、食べ方を間違えると痩せるどころか、太ってしまう危険があるんだそうです!

森田豊先生の話しでは、食べる量やタイミングを間違えると、健康にも影響するというのですから、正しい方法で食べたいですね。

11月27日にバイキングで放送されたチアシードの正しい食べ方をまとめました!

 

スポンサードリンク
 

チアシードとは

「チアシードは食べるだけで健康になれるスーパーフード」

スーパーモデルのミランダ・カーさんやモデルのローラさん、道端アンジェリカさんが愛用しているということで有名なチアシード(Chia seed)は、メキシコを中心とする南米原産のシソ科の植物でチアの種です。

古代マヤ時代やアステカ時代から、地元で食べられていて、ヒトが生きていくうえで重要な栄養素がバランスよく含まれていることで、海外セレブに注目されました。

その後、アメリカで大ブレイクし、いまでは日本のモデルやタレントを中心にダイエット効果があるとして口コミで広がってきました。

 

 

チアシードのどこがいいの?

森田先生が言うには
「チアシードと水があれば生きていける」
そうです。

それくらい、栄養素がバランスよく含まれている食物なんですね。

チアシードに含まれている栄養素は

・タンパク質
・ビタミン
・ミネラル
・食物繊維
・脂質

viking151127-03

 

特に脂肪を分解する手助けをしてくれる

チアシードが他の食材よりも優れているのは、脂肪を分解する手助けをしてくれるαリノレン酸が豊富に含まれていることです。

どれくらいの量があるかというと、ホウレンソウ1束に含まれるαリノレン酸の量とおなじ量が、15gのチアシードに含まれているというのですから、いかに少量で効果があるかが分かりますね。

viking151127-01
viking151127-02

 

チアシードは、1日にどれくら摂取すればいい?

チアシードは少量でもカロリーが高い食品です。
高機能性だからといって、多く摂取すると、痩せるどころか逆に太ってしまうという弊害があります。
摂取する量に注意しましょう。
では、どれくらい摂取すればいいのか…

大さじ1杯、約15g

この量で充分です。
チアシードは非常にカロリーが高い食材で、大さじ3杯分だと、お茶碗1杯分ぐらいのカロリーがありますので、よく注意しましょう。

viking151127-04
viking151127-05

 

どんなふうに食べれば効果的なの?

チアシードは、10分ほど水に漬けておいて食べることが正しい食べ方です。

チアシードは、水につけると膨張します。約、10倍くらいに膨れ上がるんです。

そして、水を含むことで、「グルコマンナン」という、
食欲を抑え、糖やコレステロールの吸収を抑える成分が機能するんです。

viking151127-08
viking151127-09
viking151127-10

 

●お湯につけるのは間違った食べ方

水に10分ほど漬けておくのが正しい食べ方ですが、お湯につけるのは間違った食べ方になります。

というのも、チアシードに多く含まれるαリノレン酸は、熱に弱い性質を持っています。

40度以上で効果がなくなるので、お湯ではなく、水に漬けて食べるようにしましょう。

viking151127-12

 

そのままの状態で食べると便秘になる

では、水を含ませないでそのままの状態で摂取すると、チアシードは胃腸の水分を吸って、便秘になる場合があります。

せっかく健康にもダイエットにも優れているスーパーフードを食べても、健康を害してしまっては何にもなりません。

viking151127-11

 

チアシードはいつ食べればいい?

チアシードの正しい摂取のタイミングは、食事の20分前です。

20分前くらいに食べることで、脳の満腹中枢が刺激され、血糖値の上昇を抑え、脂肪がつきにくくなるのです。

viking151127-13

viking151127-14

チアシードの正しい食べ方まとめ

豊田先生が「チアシードと水があれば他の食材はいらない」というくらい栄養的にもすぐれ、ダイエットにも効果的なチアシードなのですが、食べ方を間違えると、健康を害するし、ぎゃくに太っちゃうんですね。

少量でもかなりカロリーがたかく、お湯にも弱いなんて、あまり知られていません。

ややもすれば、もっと多く食べた方がいいんじゃない?とか、今日は冷えるからお湯で食べたい!とか、普通にやってしまいそうです。

でも、これだと逆効果なんですね。
大変勉強になりました!

 

 - バラエティ , , , , , , , ,