エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

「マツコの知らない」プロクライマー尾川とも子さんに聞く3つのクライミングテクニック

   

p04_l[1]
女性フリークライマーで世界一の記録を持っている尾川とも子(本名:尾川 智子)さん。

2012年10月に世界女性で初めて最高難度ボルダーグレードV14に成功したんです。
この記録を超えた女性はまだいないんですからすごいです!

ちなみに、ボルダーグレードのレベルは男女合わせても、V0からV16までですから、V14がどれだけ厳しいものか想像できますよね。
尾川とも子さんのプロフィールや功績、マツコの知らない世界で尾川とも子さんが、フリークライミングでお話しした3つのテクニックを調べました。

 

スポンサードリンク
 

尾川とも子さんのプロフィール

本名:尾川 智子

芸名:尾川とも子(メディア・イベント出演時)

生年月日:1978年4月14日

出身地:愛知県田原市

身長:160cm

血液型:O型

出身校
愛知県立時習館高等学校
早稲田大学理工学部応用物理学科卒

靴のサイズ:23.5cm

趣味:落語

特技:一本指で懸垂

 

尾川とも子さんが本格的にクライミングを始めるまでの学生時代

クリップボード08

尾川とも子さんは、毛利衛宇宙飛行士の活躍にあこがれ、宇宙飛行士を目指し、東京大学理Ⅰ類受験します。

しかし、現役、浪人1年時の2回とも不合格。
早稲田大学に進学しますが、大槻義彦教授の講義の単位を取れずに留年を経験しています。

早稲田大学在学中に、高いところに登れば宇宙に近づけると思い、富士山に登ったのがきっかけで、ワンダーフォーゲル部に入り、しだいに、高難度の山を登り始め、アルパイン・クライミングへの道へと進みます。

2000年に富山国体の山岳競技に誘われたのをきっかけに22歳から本格的にフリークライミングを開始、。
最近では、ロープを使わないボルダリングに集中しています。

 

世界で唯一V14を達成している女性

尾川とも子さんのクライミング歴は、以下のとおりです。

2008年 「カランバ」完登 難度「V12」(完登当時、日本人女性初の快挙)

2009年 「ムタンテ」完登 難度「V12」

2012年、「カタルシス」完登女性として世界初、最高難度ボルダーグレードV14(五段)に成功

 

クライミングの高等テクニック「3つのスゴ技」

クリップボード18
2020年東京オリンピックで正式競技の可能性があるクライミングです。
そのときに、競技者が何気なくやっているスゴ技を知っているかどうかで、クライミングの観戦が数倍、いや、十数倍たのしくなること請け合いです。

知らない人にもウンチクを傾けることで、一目置かれますよ。
クライミングの3つのスゴ技、それは、

・トウフック

・フィギアフォー

・ランジ

 

トウフック

クリップボード21
足の甲と腕を使うことで、片腕を自由にするテクニックで、中級レベルのワザです。

知らない人からすれば、何でもないことのようですが、この技は、片腕を自由にできることで、疲れた腕を休ませる意味があるんです。

クライミングは腕、指を駆使します。ずっと上り続けていると、極限状態です。

そんなときに、脚をかけられるところで、足の指や甲をかけて、腕を解放してあげるのです。

また、冬の屋外では、崖は異常に冷えています。指の冷えは感覚を麻痺させてしまいますので、この「トウフック」はマスターしておきたい技なのです。

 

フィギアフォー

クリップボード23
こちらも中級レベルの技です。

崖に中吊りになったようなところで便利なテクニックです。
両手に脚をからませて、その腕を足場にするというものです。

 

クリップボード24

 

 

ランジ

クリップボード25こちらは上級レベルのテクニックになります。

近くに指をひっかけるポイントがなく、腕が届かないようなと遠いポイントに移動する際、ジャンプして移動するというものです。

これは、下手をすれば落下して命を落としかねないテクニックで、相当、練習を積まないと危険な技になります。

クリップボード26

 

 

尾川とも子さん、フリークライミングのまとめ

クリップボード16
「マツコの知らない世界」で、尾川さんがマツコさんにツラいこととして、両手が合わせられないと言っていました。
拍手しても、音が出ないんだそうです。

たしかに、割りばしほどの幅の突起物に自分の全体重を預けるような世界ですから、指を酷使して、私たちのような普通の手、指じゃないことがそうぞうできます。

そんな世界に、挑戦し、これからも挑み続ける尾川さんの意気込みはスゴイと思います。

2020年の東京オリンピックでは、解説者として参加したいという希望をお持ちのようです。

ぜひ、東京五輪でお目にかかりたいですね。

 

 - スポーツ , , , , , , , ,