エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

頭脳王2016で東大文系の最強脳の小松詩織さんが推薦入試で合格した方法

      2016/12/14

頭脳王2016 小松詩織 東大文系の最強脳

小松詩織さんが今年の頭脳王2016決勝に初めて出場します。

そんな「東大文系の最強脳」 小松詩織さんの東大推薦入試の方法や推薦入試制度、小松さんのプロフィールなどを調べました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

小松詩織さんのプロフィール

頭脳王2016 小松詩織 東大文系の最強脳

 

名前:小松詩織

出身校:桜蔭中学校・高等学校

所属:東京大学 文科一類 1年在学中

東大受験対策:河合塾 本郷教室

 

スポンサードリンク

 

小松詩織さんは推薦入試。一般入試との違いについて/h2>

小松詩織さんは、桜蔭高等学校で高校生活を送りながら受験勉強に明け暮れます。

その一方で、河合塾でも東大合格に向けて受験対策を打つのですが、小松さんが他の受験生とすこし違っていたのは、推薦入試で合格したということです。

 

一般入試と推薦入試の違いは、

・大学1年、2年の前期課程で法学課程の受講が許可される

・大学3年、4年の後期課程で大学院の受講が許可される

このように、他の学生のカリキュラムよりも一歩上の受講が許されるというところが大きな特徴です。

小松さんは、物心ついたときから法律の世界で活躍したいと考えていたそうで、法学部に進むことをずっと決意していたそうです。

東大とは言え、1年生、2年生の間は教養課程しか受講できず専門課程は許されていないのですが、推薦入試で合格した小松詩織さんは、他のだれよりも優先的に、3年生、4年生の講義を受けれるというのですから有利ですよね。

法律家を目指す小松さんにとって、1年、2年生から司法試験受験への時期が早くなるのですから、法律家への道がぐっと近くなります。

 

また、推薦入試のメリットは専門課程の受講だけではありません。

推薦入試で入学した学生は、個別に指導する教員がつきます。
つまり、大学生でありながら、特退優遇として個別指導の先生がついてくれるんです。

いわゆる個人の家庭教師みたいなものですよね。
先輩学生が教えてくれるのではなく、りっきとした法律のプロが個別指導してくれるのですから、これ以上恵まれた環境はありません。

 

推薦入試はどのタイミングで申し込むのか。
ここが気になりますよね。

小松詩織さんは、東大が推薦入試を実施すると知った高校2年生の時、学校に申し出ています。

そして、高校3年生の時に学校から推薦を許されています。
学校が推薦するには条件があります。

推薦の前提条件として、成績上位5%以内の者というものです。
つまり、小松さんは学年全体をとおしても上位5%の成績優秀なグループにいたということですね。

成績優秀な学生だけに条件を課するので泊、学校に対しても、他の学生と比べてかなり大きなメリットがある推薦入試ですから、長期的な計画、行動が求められるし、高校に対してもそれなりの人を推薦しなければならないという責任も求めているということなんですね。

 

小松詩織さんが東大推薦入試で提出した資料

東大の推薦入試には事前に提出する願書に添えて、所定資料を貼付しなければなりません。

 

小松さんが提出したのは

・中学生のとき夏休みの宿題「冤罪のメカニズム」論文

・高校3年生のときの高校生英語弁論大会の原稿

・小3で取得した英検2級 高2で取得した準1級

・3歳の時から、合計で海外に300日以上滞在した宿泊証明書

・そのほか、海外の人達と親睦を深めた空中ブランコの英語の資料

 

やはり、推薦入試に推薦されるだけあって、小松詩織さんのプライベートって、私達とは話にならないくらいに半端な体験じゃないですね。

小学時代から法律家を目指し、東大に推薦で入学する人って、やっぱりこれくらいの人達ばかりなんでしょうね、きっと。

 

スポンサードリンク

 

『頭脳王2016』そのほかの出場者のプロフィール

⇒ ⇒ 青木寛泰さんのプロフィール

⇒ ⇒ 井上良さんのプロフィール

⇒ ⇒ 粂原圭太郎さんのプロフィール

⇒ ⇒ 小松詩織さんのプロフィール

⇒ ⇒ 水上颯さんのプロフィール

⇒ ⇒ 三守賢さんのプロフィール

⇒ ⇒ 森海渡さんのプロフィール

 

まとめ

小松詩織さんは頭脳王の出場が今回初めてです。
過去連覇を果たしている水上颯くんを筆頭に、高校生クイズの常連挑戦者もお話しになっていますが、女性の優勝者はまだいません。

 

女性初の頭脳王201優勝者をめざして、実力を発揮して優勝してもらいたいものです。

応援しています!

 

スポンサードリンク

 

 - 頭脳王 ,