エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

【初耳学】夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン!?

   

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

11月20日放送の「林先生が驚く初耳学」で、夜、アイスクリームやポテトチップ、チョコレートなどを無性に食べたくなる体の仕組みと病気の兆候を紹介していました。

 

夜中、無性にあるものを食べたくなることってよくありますよね。

それは、体が不足している栄養素を求めているサインですが、そのとき食べたくなるアイスやポテトチップス、チョコレートではその栄養素が補充できないんです。

逆に、ひそかに潜んでいる病気の進行を加速させたり、太ったりする危険があるというんです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

何かを無性に食べたくなる時というのは・・・

意味もなく無性にある特定のものを欲しくなるのは、体が足りない栄養素を欲しているというからだのサインです。

これは、単純なことでいえば、のどが渇いて水を飲みたいとか、お腹が空いたから何か食べたいというのと同じですよね。

 

でも、アイスクリームを食べたいとか、ポテトチップスを食べたくなるというのは、さらに突っ込んだある栄養素が不足して、体が早急にその補充を脳から信号を送っているのです。

これは、栄養不足から起こる病気のサインでもあるんですよ。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

 

スポンサードリンク

 

アイスクリームを食べたい…不足している栄養素は?

女性が夜中に無性に食べたくなるもので一番多いのは、アイスクリームですね。

アイスクリームのおいしさとその冷たさがたまらないんですが、このような人は貧血の恐れがあるのです。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

アイスクリームのような冷たいものがほしくなる時は、鉄分不足になっていることが多いのです。

鉄が不足すると血液中の酸素が少なくなり、貧血気味になります。

これを解消しようと、血液をより循環させるために体温が上昇し、そのため体を冷やすために無性にアイスクリームなどを食べたくなるというのです。

 

アイスクリームには鉄分はないから太るだけ

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

体温が高くなった体を冷やそうと食べるアイスクリームですが、鉄分がほとんど含まれていませんから、また次の日にもアイスクリームを食べたくなります。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

この行為、じつは余計なカロリーの上積みでしかないのです。

 

 

鉄分不足の解消は、昼に代わりの食材を食べる

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

このような夜中にアイスクリームを無性に食べたくなって、毎日繰り返すのを解決する方法があります。

それは、昼間に鉄分を多く含む、あさりレバーなどを食べると、夜中に冷たいものが食べたくなるという欲求が徐々に治まっていきます。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

 

スポンサードリンク

 

 

チョコレートを無性に食べたくなる人は頭痛・めまいの兆候

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

夜中にチョコレートが食べたくなる人は、頭痛やめまいのサインが身体から出されているんです。

この兆候をそのままにしておくと、さらに悪化して病気が進行してしまう危険があります。

 

でも、チョコレートを食べてもさきほどのアイスクリームと同じで、頭痛・めまいの根本解決にいたりません。
むしろ、カロリー過剰摂取で太ったり、ほかの正常な健康な部分を悪化させる危険があります。

 

では、チョコレートを食べたくなる人が、昼間に食べるといい食材は何かというと、それは「枝豆」といった豆類や「海藻類」を食べるのが効果的です。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

 

そもそもチョコレートが食べたくなるのは「マグネシウム」という栄養素不足が原因なのです。

マグネシウムはストレスを抑える働きがある栄養素です。

このマグネシウムが不足してストレスを感じると、血圧や血流をコントロールする自律神経が影響を受け、頭痛やめまいに襲われる危険があるのです。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

このため、脳がマグネシウム不足を補うサインを送るようになるのです。

 

 

ポテトチップスを無性に食べたくなる人は消化不全の兆候

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

夜中にポテトチップスを食べたくなる人は、消化不全のサインが身体から出されています。

この兆候をそのままにしておくと、さらに悪化して病気が進行してしまう危険があります。

 

では、ポテトチップスを食べたくなる人が、昼間に食べるといい食材は何かというと、それは「チーズ」や「しらす」「桜えび」などを意識して食べるのが効果的です。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

 

ポテトチップスが食べたくなるのは「カルシウム」と「塩素」という栄養素不足が原因でおこる症状なのです。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

カルシウムが不足するとストレスホルモンの「コルチゾール」が増えます。

このストレスホルモンは脂肪を分解する働きがあるので、体は逆に脂肪を蓄えようとして脂っこいものを食べたくなるというのです。

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

 

さらに塩素は胃酸をつくる働きを持っています。

これが不足すると消化不全を引き起こす危険があるのです。

 

初耳学 夜中に無性に何かを食べたくなるのは病気のサイン

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

よなか、無性に何か食べたくなる時ってありますよね。

女性は、アイスクリームやポトチだったりチョコレートが多いようです。

男性はラーメンとかが多いようです。

 

何気に食べたくなる食べ物ですが、こうしてみるとしっかりと脳と体がサインを送っているんですね。

しかも、そのままにしておくと病気になりかねないし、間違ったもので対応していると病気が進行し、カロリー過剰で太る原因にも・・・

初耳学で得た情報、しっかり食事に活かしたいですね。

 

 - 健康・美容, 初耳額