エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

山川咲さんの会社立ち上げの理由と家族、ウエディングプランをご紹介!

   

yamakasaski01

情熱大陸で取り上げられた山川咲さんは誰も見たことの無い結婚式”を演出するカリスマの『ウェディングプランナー

業界経験ゼロからオリジナルウェディング会社『CRAZY WEDDING』をわずか4年で業界の革命児と言われるほどに知名度を確立した経営者でもある人!

そんな山川咲さんが、まったくの未経験業界に進出した理由と、そのプランした実例などを調べました!

 

スポンサードリンク

山川咲さんのプロフィール

yamakasaski03

生年月日 1983年

出身地  東京都

学歴   神田外語大学外国語学部

父    山川建夫(元フジテレビアナウンサー)

夫    趣味:山川咲さん(それほど奥さんを好きということ)

趣味   「泣く事」

所属   crazy wedding

 

スポンサードリンク

会社で成績優秀でも「会社の都合優先」に疑問を感じて退職

yamakasaski02

大学卒業後、ベンチャーの人材教育コンサルティング会社『アチーブメント』へ入社します。
仕事は採用担当でした。

 

社会人生活5年立ったころの25歳のころ妊娠と流産を経験したとき、復食したときの会社の対応に疑問を感じるようになるのでした。

 

『会社が意思決定者で、自分はそれに従うしかない従業員。
どんなに職場につながりや愛、絆が溢れていても
その枠組みを超えられない』

このように悟ったというのです。

この経験で、働き方や会社との関係性を考え直すことになり会社を退職するのです。

山川咲さんのオーストラリア1人旅が人生の転機に

このオーストラリアを1人旅していくことで山川さんは、この後の人生を決定するような大きな思いに包まれます。

オーストラリアでの毎日の新しい経験をノートに書き続ける中で、
初めて出会う人たちとのコミュニケーションを、どうやって取っていけばいいのかを全身で考え、必死に伝え、その思いが受け止めてもらえ、それを自分自身喜べる。

このオーストラリアの毎日が、山川さんの気持ちに変化を運んでくれたんです。
『それまで日本で必死で取り組んできた仕事やキャリアに捧げていた自分を手放しても、毎日を輝かせることができるということに、妙に自信が湧いたりした』というのです。

山川咲さんが『CRAZY WEDDING』をたちあげるまで

 

yamakasaski04山川咲さんは、オーストラリアから帰国するとすぐに、
「意志をもって生きる人を増やしたい」という想いを実現するために起業します。

業種は、その業界で不可能と言われていた、オリジナルウェディング。
山川さんは、そんな声を相手にすることなく、ユーザーの希望を全面に織り込んだオリジナルうえディンプランナー会社『crazy wedding』を立ち上げます。

そして、起業わずか1年足らずで業界の革命児として、
妥協のないウェディングをプロデュースする、人気ブランドへと成長していくのです。

山川咲さんの『CRAZY WEDDING』はこんなコンセプト

「人生が変わる程の結婚式」がコンセプト。
「完全オーダーメイドのオリジナルウェディングプロデュースチーム」

新郎新婦が自分たちらしさを表現できる、自由でクリエイティブな結婚式をプロデュースするウエディングプランナーです。

 

コンセプトの動画があります。

 

新郎新婦が自分たちらしさを表現できる、自由でクリエイティブな結婚式をプロデュースしています。
家族やゲストなどのまわりの人たち、好きなものや大切なことに、とことん向き合い、その二人にしか表現できない世界に一つだけのウェディングを一緒につくっていくのです。
専属のプロデューサーとアートディレクターがヒアリングを重ね、どんなウェディングにしたいのかを引き出し、アイデアを考えていきます。
さまざまなイメージやコンセプトを提案し、会場もそのコンセプトに基づいて選びます。
演出、会場のデザイン、オリジナルアイテムなどの手配も行い、どこにも妥協のない夢のような世界観をつくり上げていくのです。
(出所: ReBITA )

 

山川咲さんの著作『幸せをつくるシゴト

山川咲さんの著書『幸せをつくるシゴト-完全オーダーメイドのウェディングビジネスを成功させた私の方法』です。

今の自分の生活や仕事、会社のこと、人間関係のことで悩んでいる人には、とても参考なりますよ。

 幸せをつくるシゴト [ 山川咲 ]
山川さんの子供時代に感じた他人とは違う自分の悩み、オーストラリア体験したことなど、共感できるところが多いですよ。

元気とやる気を与えてくれます。

山川咲さんのまとめ

新入社員時代から仕事がすべてと、全力で取り組んできた会社に対して、流産後の復職で忠誠を誓ってきた会社の対応に疑問を感じて、単身オーストラリアに1人旅。

その体験が大きなコアになって、絶対にムリと言われるウエディングプランナー会社を設立して、短期間で業界に革命児と言われるほどの成功を治めるんですから、山川さんのバイタリティ、生きざまに感心させられますね。

番組「情熱大陸」ではウエディングの仕事はしない!と決断するまでの悩みと、宣言してからの行動を追跡します。

はたして、山川咲さんはこのあとどんな仕事をしていくのでしょうね。

(画像出典:毎日新聞 情熱大陸公式ページ)

スポンサードリンク

 - 情熱大陸