エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

コニカミノルタの黒崎拓克選手がびわ湖毎日マラソンでリオを目指して絶好調

   

(画像:コニカミノルタ)

 

ロス五輪代表選考を兼ねた3月6日開催の びわ湖毎日マラソン大会
招待選手として出場する黒崎拓克選手がリオ五輪の日本代表選手を目指して体調完璧!

十分優勝が狙える位置にいます。
そんな黒崎拓克選手のプロフィールや中学・高校、箱根駅伝での活躍などをwikiしました!

 

 

黒崎拓克選手のプロフィール

黒崎拓克(くろさき ひろかつ)

生年月日:1985年8月8日

身長:171cm

体重:55kg

出身地:栃木県矢板市出身

出身校:矢板中学校
大田原高校
東洋大学卒業

所属:コニカミノルタ

 

スポンサードリンク

 

黒崎拓克選手の自己ベスト記録

5000m : 14分03秒95 … 2009年 ホクレンディスタンス

10000m :28分35秒89 … 2011年 日体大記録会

ハーフマラソン : 1時間03分32秒 … 2012年 山口ハーフマラソン

マラソン : 2時間09分07秒 … 2014年 東京マラソン

 

黒崎拓克選手は高校時代から駅伝選手

黒崎拓克選手が通った「大田原高校」は陸上が盛んな学校で、
OBでは数々の名選手がいます。

笹沼悠司 2002年度卒 日本体育大 – 愛三工業
的場亮太 2007年度卒 順天堂大 – 小森コーポレーション
田中直樹 2010年度卒 東北大
島田直人 2011年度卒 東京理科大
秋元皓志 2014年度卒 埼玉大

陸上ファンにはあの人も?と思ってしまう人が多いですよね。

 

スポンサードリンク

 

東洋大学では駅伝で3回出場

大田原高校から東洋大学に進学した黒崎拓克選手は
2年生から4年生までの3年間連続して箱根駅伝に出場します。

しかも、その3回とも花の2区を任されるんですから、
どれだけ東洋大学の中でも実力があったのかが伺えますよね。

2年生 2区 2位 1時間08分47秒

3年生 2区 3位 1時間08分09秒

4年生 2区 6位 1時間09分03秒

 

 

黒崎拓克選手が陸上を始めたのは高校に入学してから

中学ぐらいまでに足が速いことを自他ともに認めるようになって
中学から陸上を始める選手が多い中で、
黒崎選手が陸上を始めたのは大田原高校に入学してからです。

というのも、中学時代は野球をやっていたというのですから、
野球から陸上、しかも長距離への転向というのはちょっと
珍しいパターンではないでしょうか。
大田原高校は有名な陸上選手を輩出していて陸上の名門校。
その誰もが大学に進学した選手は箱根で大活躍していますから
黒崎選手が箱根を目指して、箱根の強豪名門校の東洋大学に
進学を決意するのも分かりますよね。

 

そして、箱根駅伝でエース区間といわれる2区で大活躍する
その基礎を築いたのは高校時代のトレーニングにあったことは
間違いないでしょう。

 

びわ湖毎日マラソンへの期待

コニカミノルタ陸上部の公式サイトで、
黒崎選手の今年の目標には、
「マラソンでオリンピック代表になる」
と宣言しています。

今年のびわ湖毎日マラソンはリオオリンピックの
マラソン代表選考会を兼ねています。
ぜひ、びわ湖毎日マラソンで好タイムでゴールして
リオオリンピックの切符を手にいれてほしいものですね。

 

 - マラソン , , ,