エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

大黒田裕芽さんはミライモンスター!ケガから復帰したラグビー五輪選手

      2016/01/10

 

kurodayume05

ミライモンスターに登場していた大黒田裕芽さんは、
市立船橋高校から立正大在学に進学した女子7人制ラグビー日本代表!

レギュラー選手の中でも司令塔という重責をになっているんです。

 

そんな、大黒田裕芽さんのなどをwikiしました!

 

大黒田裕芽さんのプロフィール

氏名:大黒田裕芽(おおくろだ ゆめ)

ラグビーポジション:スタンドオフ

生年月日:1994年7月6日生

出身地:大阪府

出身校:船橋市立船橋高等学校

大学:立正大学 3年生

身長:155cm

体重:62kg

 

スポンサードリンク
 

 

大黒田裕芽さんの家族はラグビー一家

松戸市でそだった大黒田裕芽さんの家族は
お父さん、お兄さんもラグビーの有名選手なんです!

 

会社員のお父さん:大黒田一人さんは現在55歳。
かつて青春ドラマで大人気だった「スクール・ウォーズ」の
モデルになった京都市立伏見工業高のラグビー部で
活躍していた人なんですからスゴイですよね。

 

お兄さん:大黒田健人さんは23歳で
国学院久我山高から帝京大へとラグビー一筋に明け暮れ
現在は八千代市の「日本IBMビッグブルー」で
トップラガーマンとして活躍中なんです。

 

このような家庭に育った大黒田裕芽さんは
小学2年のときから松戸ラグビースクールで
ラグビーに触れ、お父さんやお兄さんの助言や
アドバイスをもらいながらスキルと体力をつけていくのです。

 

kurodayume03

 

 

大黒田裕芽さんが高校3年のとき日本代表!

ookuroda02

kurodayume04

大黒田裕芽さんは千葉県で有名なスポーツ強豪校
私立船橋校(イチフナ)に入学し男子部員と一緒に
15人制ラグビーの練習をします。

 

そんなとき、7人制の国内強化選手に選出されます。
そして、日本代表へと抜擢されるんです。

 

直後、7人制ラグビーがリオ五輪の正式種目に採用されると
大黒田裕芽さんは高校生ながらもラグビーセンスが認められ
最年少での選出されたんです。

 

 

大黒田裕芽さんのプレイに対する監督の評価は?

イチフナを卒業して立正大ラグビーで練習を重ねる
大黒田裕芽さんについて、
ラグビー部総監督の堀越正己さん(46)は

 

「何より、猛スピードで外国人選手も倒すタックル。
勇気ある選手」

 

と、高評価をしています。
最年少で、ラグビーセンスを買われて
五輪選手に選抜されるんですから
どこからみても、優れているのは当然ですよね。

 

 

ケガをしたりと順風満帆ではなかった大黒田裕芽さん

小学生のときからオリンピック選手候補に選ばれた
大黒田裕芽さんは、エリートコースを
順調に歩んでこられたように思われがちですが。
じつはどん底を味わうこともあったんです。

 

2014年の秋、練習中に左ひざの人体を断裂して
手術を受けるほどのケガをしたんです。

 

kurodayume06

 

大黒田裕芽さんのさすがに挫折しかけたといいます。

 

でも中学時代の旧友達から励まされる声に救われるように
リハビリや筋トレに打ち込みます。

 

その結果、半年後の4月から練習が可能になります。
そして6月には秋田で開催された試合に復帰し、
完全復活をファンにも自身にも見せることができたんです。

 

 

まとめ

大黒田裕芽さんはお父さんやお兄さんが
ラグビー選手というラグビー一家に育ち、
ラグビーに関してはエリートともいえるサラブレッド。

 

ケガで挫折するというどん底を味わいながら
そこから復活するという、心身ともに
強靭に進化したアスリートです。

 

今年開催されるリオ五輪のラグビーの試合で
大黒田裕芽さんが活躍するシーンを期待したいですね!

 

 - スポーツ , , , , , , , , ,