エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

青山学院 原監督が箱根駅伝連覇に導いた秘策・指導法をTVで大暴露!

   

aoyamarenpa01

箱根駅伝優勝の翌日にスッキリに出演した青山学院大学原晋監督
連覇を達成できた最大の練習法を公開していましたね。

 

名付けて「ハッピー大作戦」という
箱根駅伝連覇攻略の練習法とは…

 

箱根駅伝のV2達成といっても基本は去年と同じ

aoyamarenpa03

 

「基本的な流れは、去年と変わりません」

 

原監督は2015年8月の夏合宿の取材で
このようにコメントしています。

 

たしかに、そうですよね。
連覇達成の秘策といっても、
練習法を根本から変えるなんてことは
できませんよね。

 

やはり、練習の基本はランニングです。
これを練習から外すことはできません。

 

では、連覇達成の秘策ともいえる練習法や
原監督の指導法とはどんなものなのでしょうか。

 

スポンサードリンク
 

箱根駅伝のV2達成に導く『体感トレーニング』

原監督が力を入れているのが「体感トレーニング」です。

 

aoyamarenpa02

 

テニスの伊達クルム選手や卓球の福原愛選手を
指導しているフィジカルコーチを招いて
ランニング以外の練習に取り入れているというのです。

 

aoyamarenpa04

 

この練習法を取り入れたのは一昨年なんですが、
その効果が発揮されて、直後の箱根駅伝で
初優勝したんですから、走るだけの練習法だけでは
箱根駅伝は攻略できないということがわかりますね。

 

aoyamarenpa05

 

この体感トレーニングは去年はさらに強化しというのです。

 

aoyamarenpa06

 

ふつうなら、走る競技にとっては体感トレーニングとは、
アスレチック、柔軟体操程度に考えれがちで、
練習の重きはランニングに向けられますよね。

 

それを、優勝して翌年に、連覇というプレッシャーの中で
ランニングとは真逆の体感トレーニングに力を入れるのですから
発想が違うことに感心させられます。

 

 

箱根駅伝のV2達成に導く『バイアストレーニング』

バイアストレーニングを、原監督はぞうきんでたとえます。
ゾウキンをねじって絞ると水がたらたらと垂れていきます。
ねじる動きがエネルギーになって水を絞り上げるんですね。

 

aoyamarenpa07

 

それと同じように人間の体もねじることで
カラダを固めるのではなく、カラダにしなりが
生まれるという狙いがあるというのです。

 

aoyamarenpa08

aoyamarenpa09

 

走るとき腕を振ることで上半身のしなりができ
推進力が増してスピードがアップします。

 

上半身をひねりながらこの動きを繰り返すことで
一段とスピードが増すことにつながるのですね。

 

aoyamarenpa10

 

 

箱根駅伝のV2達成に導く『精神面の強化』

青山学院大学は出雲駅伝で優勝し、
そのあとの全日本大学駅伝、箱根駅伝と
3大大会完全優勝が確実視されていました。

 

でも、全日本大学駅伝で、山の神でキャプテンの
神野選手の故障でまさかの2位に終わったんです。

 

aoyamarenpa11

 

このことを受けて原監督は緊急ミーティングを開きます。
ミーティングは2時間にも及んだと言います。

 

その後、自己ベストを出す選手が続出したというのですから
いかに、自主性が育まれ、精神力が鍛えられたかが伺えます。

 

aoyamarenpa12

 

 

全日本大学駅伝で負けて戦う集団になった

「全日本大学駅伝で負けてよかった」

 

「神野 頼みでなくて、それぞれの立場で
 それぞれが背いっぱい頑張る姿勢に変わってきた」

 

aoyamarenpa13

aoyamarenpa14

 

原監督は、結果論としてこのようにコメントしています。

 

そして、その結果ひとりひとりの精神力、レベルがまとまって
戦う集団」へと変わったのです。

 

aoyamarenpa15

 

まとめ

連覇を目指す!

この旗印のもと「有言実行」で成し遂げた箱根駅伝完全優勝。
素晴らしいことですよね。

 

この1年間、胃が痛くなるようなプレッシャーがあったと思います。

 

出雲駅伝では勝てても、全日本大学駅伝で負けたとき、
悪い予感やイメージが漂ったんではないかと思います。

 

そんな空気を一新させて、箱根駅伝で39年ぶりの
完全優勝に導いた原晋監督の指揮官としての才能に
驚くばかりです。

 

ご本人も「箱根の記録を見ても連覇はできても3連覇は…」
とおっしゃっています。

 

原監督ならそれが達成できるのではないかと思います。
来年、3連覇を実現できることを願っています。

 

 - 箱根駅伝 , , , , ,