エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

箱根駅伝の青学・小椋裕介選手は彼女と別れて箱根を選んだ長距離の鬼wiki!

   

aoyamaogura02

今年は7区を走って4年連続で箱根駅伝を走る小椋裕介選手は
陽気でチームを盛り上げる人気者!

 

クリスマスの日に彼女と別れてその1週間後に
箱根駅伝で優勝という山あり谷ありの陸上選手なんです。

 

そんな小椋裕介選手のベストタイムや元カノ、別れたいきさつ、プロフィールをwikiしました!

スポンサードリンク
 

小椋裕介(おぐら・ゆうすけ)選手のプロフィール

学年:4年生

学部:社会情報学部社会情報学科

生年月日:1993年4月16日

身長:173㎝

体重:58kg

出身地:北海道士別市

年齢:22歳

血液型:O型

出身高校:札幌山の手高等学校卒業
 

小椋裕介選手は彼女と箱根の2者択一で箱根を取って優勝した

小椋裕介選手は1年生から3年生までの間、
毎年箱根路を走っている箱根駅伝の申し子のような選手です。

 

そんな小椋裕介選手は、2014のクリスマスに
それまで付き合っていた彼女とわかれているんです。
また、その別れ方が陸上を愛する小椋裕介選手らしいんです。

 

クリスマスの日に、1週間後の箱根駅伝のことが頭から離れない
小椋裕介選手のそばにいる彼女にとっては
自分だけを見ていてほしいという気持ちになるのは当然ですよね。

そこで自分か箱根のどちらかを選んでほしいといったら
小椋裕介選手は迷いもなく箱根を選んだんですね。

 

それ以来、小椋裕介選手はその別れを自虐ネタにして
ことあるごとに披露しているようですが、
ある意味、陸上を愛するゆえの美談ですよね。

別れて去っていった彼女は辛い思いをしていると思いますが
もう一度やり直せるといいですね。

 

小椋裕介選手は野性的な顔立ち?

自分のことを小椋裕介選手は動物にたとえるなら
「ゴリラ」と言っています。

 

「そんなには…」と私たちは思いますがご本人は
そのことをネタにして自虐的にしているんだそうです。

 

その自虐ネタがツイッターユーザーの間でも広まって
イラスト投稿で、1年後輩をおんぶする母親ゴリラの
イラストが投稿されたというのですから、
ちょっと笑ってしまいますよね。

 

ゴリラの絵を想像するのではなく、
そこまで自虐ネタが浸透していることに笑ってしまいます。

 

【過去の箱根駅伝成績】

13年…7区:14位

14年…7区:2位

15年…7区:1位

 

小椋裕介選手は1年生から3年間連続して
箱根駅伝に出場しています。

それも7区を3年間任されているのですから
いかに原晋監督の信頼が厚いかが伺えます。

 

1年生のときの区間14位は悔しかったと思います。
だからこそ、2年生のときは同じ7区を任されたときは
うれしかったのではないでしょうか。

 

そして、前年のリベンジとして2位を獲得する
原動力にもなったのだと思います。

 

さらに翌年の3年生のときは1位を獲得!
毎年、同じ区間を走ることもスゴイですが
順位を上げていくというのも素晴らしいです。

 

【自己ベスト記録】

5000m – 13分55秒97

10000m:28分27秒73

ハーフマラソン:1時間02分03秒

 

5000mの「13分55秒97」は
2015年、4年生の今年、世田谷記録会で出した記録です。

 

10000m「28分27秒73」の記録は、
3年生のときに、ホクレンディスタンスでマークしました。

 

ハーフマラソン「1時間02分03秒」も
3年生のときの香川丸亀国際ハーフマラソンで出しました。

 

ハーフマラソンで、1時間02分台というのはすばらしいです。
それもあと4秒早ければ1時間01分台ですから、
驚異的な速さといえます。
 

まとめ

1年生から箱根駅伝に起用されている小椋裕介選手は、
「考え方が理論的」と陸上専門雑誌で評価されるほど、
優秀な頭脳の持ち主なんですね。

 

その速い走りと頭脳をフル活用して箱根の復路7区を
緻密な計算でペース配分しながら走っているのでしょう。

 

今年の箱根が終われば社会人へと巣立っていくのですが
社会人になっても頑張ってほしいですね!

 

 - 箱根駅伝 , , , ,