エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

坂東巳之助は二代目歌舞伎俳優!好きな女性タイプを大暴露!

   

minosuke01
坂東巳之助
さんが『新チューボーですよ』で、
「○○出来る人」が好きな女性タイプだと告白でスタジオ騒然!

 

初心者向け歌舞伎講座なんかもしてくれて、
坂東巳之助さんや歌舞伎にかける思いなども
感じられてよかったです!

 

そんな坂東巳之助さんのプロフィールをwikiしました!

 

坂東巳之助さんのプロフィール

襲名歴:二代目坂東巳之助

本名:守田 光寿(もりた みつひさ)。

屋号:大和屋

生年月日:1989年9月16日

身長:173cm

体重:56kg

出身地:東京

血液型:O型

出身校:堀越高校中退

趣味:音楽/漫画/ゲーム/入浴

特技:ドラム・ギター

 

スポンサードリンク
 

 

初代「坂東巳之助」さんから二代目坂東巳之助さんまで

坂東巳之助さんは二代目です。
初代の坂東巳之助さんは、
1775年に、初代坂東三津五郎の子として生まれ、
江戸歌舞伎を代表する名優としてまっとうし、
1832年に他界しました。

 

二代目坂東巳之助さんまでの流れを系譜的に見ますと

・初代坂東巳之助

・二代目森田勘次郎

・初代坂東簑助

・三代目坂東三津五郎



十代目坂東三津五郎

二代目坂東巳之助
いかに初代坂東巳之助さんが、
歌舞伎で名声を博していたかが分かりますね。

 

 

坂東巳之助さんは歌舞伎一家

上でもふれましたが、坂東巳之助さんのお父様は
十代目坂東三津五郎です。

 

本名「守田寿」で、九代目坂東三津五郎の子として
1956年1月23日に産まれました。

女優の池上季実子さんは、
十代目坂東三津五郎のいとこになります。

 

お母様は、元宝塚歌劇団雪組と花組で
男役スターとして活躍された
寿ひずる(ことぶき ひずる)さんです。

生年月日は1954年3月17日で現在61歳です。

 

守田菜生さん、守田幸奈さんのお姉さまがいらっしゃいます。

守田菜生さんは1984年3月18日生まれで、現在31歳。
舞台や映画で活躍されている将来が期待できる女優なんですよ。
もうひとりのお姉さま守田幸奈さんについては
情報がほとんどありません。

おそらく一般人として過ごされているのではないでしょうか。

 

歌舞伎の世界に悩んだ10代の坂東巳之助さん

12歳のときに歌舞伎の舞台に立った坂東巳之助さんですが
高校生時代に、「ZERO click」というアマチュアバンドで
音楽活動にあけれくれていたんです。

 

歌舞伎や宝塚という芸能一家に生まれながら、
自分の好みは音楽だというカイリに
悩み続けていた日々があったようです。

 

それまで通っていた堀越学園を中途退学したというのも
その悩みの末にとった行動なのかもしれませんね。

 

後に父の三津五郎さんは、

「家庭環境や稽古の厳しさから
 巳之助は役者になることを
 悩んだ時期もあった」
ようだと、振り返っています。

 

でも、アマチュアバンドは
メンバーの大学受験で活動休止します。
このとき、メンバーが夢を諦めて
それぞれの現実社会に流れていく様子をみながら
夢と現実の違いを目の当たりにしたのではないでしょうか。

 

このころから、歌舞伎の道に進む決意したようです。

 

坂東巳之助さん歌舞伎出演作

坂東巳之助さんの初舞台は12歳のときです。
「八代目坂東三津五郎十七回忌追善」『傀儡師』で
唐子(からこ)の役で初お目見えしています。

 

1995年の15歳のときに、
二代目坂東巳之助を襲名してからの初舞台として
『倭仮名在業系図』(蘭平物狂)(らんぺい ものぐるい)の繁蔵と『寿靭猿』(ことぶき うつぼ ざる)の小猿で出演しました。

 

その後は、

・『神明恵和合取組』(め組の喧嘩)の青山の光吉

・『彦市ばなし』の天狗の子

・『初霞空住吉』「活惚」(かっぽれ)の光坊主

・『怪談牡丹燈籠』(牡丹燈籠)(ぼたん どうろう)の丁稚定吉

・『神楽諷雲井曲毬』「どんつく」の角兵衛

 

そして、2015年に公演された、

スーパー歌舞伎Ⅱ『ONE PIECE』では

大変な話題になりましたね。

 

まとめ

学生時代は音楽漬けの日々に明け暮れ、
悩みが吹っ切れてからは歌舞伎の世界で
実力を発揮している坂東巳之助さん。

 

若いころに熱中した音楽が歌舞伎にも
生かされているような気がします。

それがスーパー歌舞伎Ⅱ『ONE PIECE』ではないでしょうか。

それまでの歌舞伎という古典的な観念を打ち破る
あたらしい形を歌舞伎に活かしていますよね。

 

それにこのスーパー歌舞伎Ⅱ『ONE PIECE』では
時代を担う若い歌舞伎役者が集まりました。

 

そうした若い考え、行動があたらしい時代の
歌舞伎を創出してくような原動力になるようにも思います。

これからも、頑張ってほしいですね!

 - 未分類 , , , , , , ,