エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

福永 活也さんは弁護士!フリーターから弁護士になったいきさつ、法律活動など完全wiki

      2015/12/15

hukunagakatuya
いったん民間企業に就職、退職のあとフリーターだった福永 活也さん。
お父さんの遺言で弁護士目指して大学に入りなおして猛勉強!
初志貫徹で見事、弁護士になるなんて、スゴイですよね!
しかも、福永 活也さんはハードな弁護士の仕事をしながら、世界中をバックパッカーして旅行したり、世界中の最高峰登頂に挑戦したりと、かなり精力的に活動しているんです!

 

12月14日放送の「ネプリーグ」に出演の福永 活也さんですが
そんな福永 活也さんのプロフィール、フリーター、弁護士になったいきさつなどwikiしました。

 

スポンサードリンク
 

福永 活也さんのプロフィール

生年月日:1980年11月12日

出身地:三重県伊勢市

出身校:
三重県立伊勢高等学校卒業
名古屋工業大学卒業
関西大学法科大学院卒業

血液型:A型

職業:弁護士 福永法律事務所代表

趣味:スポーツとバックパッカー

特技:登山家

結婚:

所属:ワタナベエンターテインメントグループ

 

 

福永 活也さんが弁護士になったいきさつ

福永 活也さんは名古屋工業大学を卒業して一般企業に就職します。
しかし、わずか二ヶ月で辞めてしまうんです。

せっかく、大学まで卒業していきなり退職なんてもったいないですよね。
そのあと、2年間フリーター生活していたというんですから、
いまバリバリに弁護士活動している福永さんからは
考えられない生活です。
福永さんに大きなターニングになったのは
お父さんがなくなったことです。

お父さんを亡くしたことで
法律の世界に進むことを決意して
2005年関西大学法科大学院に入学するのです。
2008年に卒業します。
卒業と同時に司法試験に挑戦するのですが、
初挑戦で合格するのはすごいことです。

しかも、受験者7,842人中、合格者数2065人。
そのなかで、56番目の成績だったというのですから
福永さんがいかに優秀な成績だったか、伺えますよね。

さらに、弁護士としてもどれだけ優秀な弁護士であるか
よく分かります。

 

福永 活也さんのスポーツ歴

弁護士というと、どうしても頭でっかちで
スポーツ何かは苦手、敬遠しがちという
イメージが付きまといますよね。
でも、福永 活也さんは体を動かすことが好きな
かなりスポーツマンなんです。
伊勢高校時代は、野球で4番バッターを任されていたんです。

三重県の公立高校にしては珍しく県大会ベスト4まで進出したんですね。
4番バッターですからそこまで進みあがっていけたというのは
かなり、福永 活也さんの貢献があったことは想像できますね。
さらに、バックパッカーも好きで、
一人で世界100か国以上を旅したんだそうです。

 

アマゾン流域にキャンプをして、
ピラニアを釣ったというんですから驚きです!
他にも、アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロなど
世界7大陸のそれぞれの最高峰登山にも挑戦しているんですね。
弁護士の仕事をしながらこのようなカラダを動かしていて
公私にわたって活動的に行動されているんですね。

 

福永 活也さんの専門分野

企業法務という企業関係の法律問題を得意としています。

とくに、会社破産や民事再生などの倒産関連業務のほかにも
いまもっとも大きな話題を集めているM&Aも得意分野なんですね。
最近では、震災復興関係にも力を入れていて、
原発事故で問題なった風評被害対策業務にも取り組んでいます。

東京電力に対して損害賠償請求を続けていたり、
かずおおくの被災企業の損害補填問題にも積極的に取り組んでいるんです。

 

福永 活也さんのまとめ

福永さんが高校球児として活躍したことが
今の福永さんの活躍を暗示していたように感じます。
一生懸命に努力し、自分を信じて行動することで
自分の夢を実現でき、夢を叶えることができることを
野球を通じて脳裏に染みこんでいたのではないでしょうか?
それにしても、社会人2ヶ月でフリーターになり
2年間もブラブラしていながら、
いきなりもっとも過酷な受験勉強生活にもどり、
しかも、トップレベルで司法試験に合格するなんて
尋常じゃないです!
今後の福永さんの活躍が期待できますよね!

 

 - タレント , ,