エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

岸村恭吾くんは「ミライモンスター」!高校、大学、プロフィールwiki!

   

kisimurakyougo
テレビ「ミライモンスター」で特集されていた、
岸村恭吾くんはアメリカンフットボール
ミライモンスター!

カッコイイですよねぇ。

今は、関西大学の社会学部に在学中の21歳なんです。
そんな、岸村恭吾くんのプロフィールなどをwikiしました!

 

岸村恭吾くんのプロフィール

名前:岸村恭吾(きしむら きょうご)

生年月日:1994年01月25日

出身地:大阪府

現住所:大阪府 南河内郡在住

出身高校 大阪産業大学附属高等学校

大学:関西大学 社会学

スポーツ:アメリカンフットボール

ポジション:QB

 

スポンサードリンク
 

岸村恭吾くんがアメフトを始めたきっかけ

岸村恭吾くんは中学時代、
フラッグフットボールをしていました。
フラッグフットボールというのは、
アメリカンフットボールに似ているゲームで、
違うのは、左右の腰につけたフラッグを取ることで、
アメリカンフットボールの「タックル」の
代わりにするゲームです。

 

これは、敵味方の選手同士の身体的接触を
原則禁止にすることで、安全で幅広い層が
参加出来ることを目指したゲームなんですね。
岸村恭吾くんがこのフラッグフットボールをしているときに
アメリカンフットボールへ勧誘されたことがきっかけだったのです。

 

岸村恭吾くんがアメリカンフットボールで自信を持っている点

岸村恭吾くんが、これだけは誰に負けないと思っているポイントは、
『パス』と『ラン』だそうです。
このパスとランがだれよりも自信があれば
アメフトでは怖いものなしですよね。
しかも、岸村恭吾くんは『パスとランの併用』というのですから
やはりミライモンスターと呼ばれるだけの名プレイヤーですね。

 

岸村恭吾くんが意識している短所は?

アメリカンフットボールでは、俊敏で、
大胆に動き回る岸村恭吾くんの欠点。
それは、『面倒くさがり』何だそうです。
ゲーム中の岸村恭吾くんのプレイからは思いもつきませんよね。
でも、有名なスポーツ選手にはこういう性格の人、
意外に多いような気がします。

ゲームや体を動かすことには徹底的に神経を集中させる反面、
それ以外の方には意識を向けることがおろそかになるんでしょうかね。

 

岸村恭吾くんのまとめ

中学時代のフラッグフットボールのプレイが
アメフトで通用すると見込まれるほど、
岸村恭吾くんのプレイはひときわ目立っていたんですよね。

それがきっかけで、まだ21歳で
日本を代表するアメフトプレイヤーに選ばれるんですから
これからの活躍がすごく期待できます。

 - スポーツ , , , ,