エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

下町ロケット 帝国重工 財前部長と富山のセリフが現実過ぎる

   

【佃製作所との会談の後の帰り道】

帝国重工 宇宙開発事業部部長
財前道生

帝国重工 宇宙開発事業部

富山啓治

 

何が愛着だ。彼らはあのバルブの特許を持っていてなんになる。

どうせ金が目当てですよ。しぶれば多少売値を釣り上げられるとでも思ったんでしょう。

下請けの考えそうなことだ。

ま、一週間くらいしたら特許売却したいと言ってきますよ。多少、値を釣り上げてね。

50億くらいまでなら出してやるさ。それでスターダスト計画を維持できるなら、安いものだ。

 

 

下町ロケット 第二話の、佃工業から帰りの車内で

財前(吉川晃司)と富山(新井浩文)の会話が、

一部上場の大手企業が、弱小企業に対する

あまりにも見下した、バカにしたようなセリフが

実社会にも現実にありうる内容で、

見ていて鳥肌が立ちました!

「金が欲しいんだろ?」的な発想、怖いですねぇ…

 

私も、財務関係の部署にいるとき、こんなシーンを

何度も目の当たりにしていたので、そのシーンがよみがえりました。

弱い者いじめ、弱いものを見下した態度…。

悔しくて抵抗したいけど、そんなことしたら逆に

力でつぶされるから、できないんですよねぇ。

中小企業と大企業の、一生ついて回る力関係…

ホント、ツラいです。

 - 下町ロケット