エルフのハッピーライブラリ

妖精が見た日々の楽しいおしゃべり

*

前場アナ三人目の夫との子出産で降板!元夫はだれ?職業は?

   

20151202-000002
出産予定を控えて休養中だった
膳場貴子アナウンサーでしたが、
予想通り、降板の意向を申し入れましたね。
局側は受け入れる方向で、後任選定やスポンサーや関係者への説明、番組構成などで進めるそうです。
「受け入れる方向…」って、事情が事情だから承認するしかないですよね。
今後の予定は、

1月中旬ごろまでにスポンサーへ説明。
1月下旬、4月番組改編

局側としても、事前に前場アナから非公式に説明を受けていたでしょうが、ちょっと忙しくなりそうですね。

とくに、公認を誰にするか、一番頭が痛いのではないでしょうか?
今回の報道で驚いたのは、前場アナがバツ二だったこと。
3回も結婚していたんですねぇ。
夜の顔として清楚で、知的な雰囲気の彼女に、そんか事情があったとは想像すらしていませんでした。
そんな、前場アナのこれまでの経歴、旦那、元夫のことをwikiしました!

 

膳場貴子アナウンサーの生い立ち

実家は、古くから世田谷の地主のひとつ「膳場将監」の子孫。

由緒ある家の生まれです。
膳場アナの家族はご両親と二人のお姉さんの5人家族。

お父さんは商社勤務ということもあって、膳場アナは1歳から7歳まで当時の西ドイツで過ごしました。
中学と高校は、女子学院中学校・高等学校でした。
同級生には、漫画家の辛酸なめ子さんや日テレの馬場典子アナがいたそうです。
大学は、東大文科3類に入学し、そのご3年生のときに医学部健康科学・看護学科に進みました。

 

スポンサードリンク
 

膳場貴子アナウンサーの経歴

最初の就職はNHKのアナウンサー。

静岡放送局のあと、2000年の春から東京のアナウンス室に移動になります。
2006年にNHKを退職し、TBSと専属契約して
その年5月から11月までの半年間、
『筑紫哲也 NEWS23』のサブキャスターを務めるのです。

その後、メインキャスター代理などを経て、
現在のように『NEWS23』のメインキャスターを務めるようになります。

つまり、膳場アナは、民放ではずっと夜のニュース番組1本で過ごしてきた人なんですね。

一つのことをずっと続け通すなんて、スゴイと思います。

 

膳場貴子アナウンサー現在のご主人

今回、出産するお子さんのお父さんは、
一般男性だそうです。

お仕事は広告代理店勤務ということですが、
それ以上の、馴れ初めなどの詳しいことは公表されていません。
でも、学歴は東大卒というのですから、
ただの民間人、一般人とは違います。

きっと、電通、博報堂でそれなりの地位・役職に付いている人でしょう。

もしくは、そのどちらから独立してご自分の会社を経営しているとか…。

私個人的には、後者じゃないかと思っています。
いずれは、会社社長として裕福な生活を送り、
膳場アナは社長夫人として、お子さんを
将来の2生経営者として育てていくのが似合ってるような気がするんですよねぇ。

 

膳場貴子アナウンサーは3回結婚していた?

今回の報道で、一番驚いたのは、
いまんご主人が3人目ということ!

NHKアナウンサーからTBSのアナウンサーと、
切れ目なしにアナウンサーを続けている中で
3回も結婚していたなんて…

ハードな仕事を続ける気力と体力も尊敬ですが、
プライベートでもハードな毎日を送っていたんですねぇ。

こちらの面でも、尊敬です!

 

膳場貴子アナウンサーの最初の夫はどんな人

そんな膳場アナの元ご主人が気になるのは私だけじゃないですよね。

どんな人なのか調べました!

 

最初のご主人は、東大卒の一般男性

学歴は、東大医学部卒!

医学部ですがお医者さんじゃなくて、看護学科の卒業なんです。
看護学科…。そう、膳場アナも東大の看護学科卒業。
想像どおり、東大在学中からの交際の末にゴールインしたようです。
でも、残念なことに2年で破局、離婚したそうです。

学生時代と社会人とでは、生活が全然違いますし、
住んでる場所も離れ、仕事内容もかなりハードですから、
だんだんと、心が離れていったのも理解できます。

 

膳場貴子アナウンサーの2人目の夫はどんな人

2人目は、現在ソニーミュージックに勤務する
元ミュージシャンの『瀬名俊介』さんです。

この人も東大卒なんですよねぇ。
膳場アナの趣味が音楽鑑賞なので、
音楽の話題で心を通じ合わせたんでしょうね。
2006年のNHK退職直前に結婚します。
結婚と同時に瀬名さんが居住するイギリスに移り住みますが
TVSとの契約申し入れと同時に、日本に戻ります。

ご主人がイギリス、膳場アナが日本で、
毎日生放送があるハードなお仕事と会っては、
すれ違いが大きな障害になるのは時間の問題ですよね。

当然のように、2度目の離婚を迎えるのでした。
結婚期間は2005年10月から2007年末までの2年ほどでした。

 

まとめ

過去2回の結婚生活は、すれ違いや多忙を極める仕事などで家庭に目を向ける余裕がなかったのかもしれませんね。

今回は、出産という年齢的なこともあって、膳場アナご自身が女性の幸せを選択したんではないでしょうか。

夜の顔として、絶対的な地位と人気を博しながらも自分の意志で降板するというのは勇気いります。

そんな決意をした膳場アナの出産、こころからお祝いしたいですね!

 - アナウンサー , ,